山椒の効果・効用

Pocket

山椒 栄養

【効果・効用】

「山椒は小粒でもピリリと辛い」といわれるように、独特の香りと辛味があります。香気成分として含まれているのはジテンペンやゲランオールなど、辛味はサンシュールという物質によります。

効用としては、食欲増進のほか、胃腸を刺激して胃腸障害を改善する、血液循環をよくする、利尿作用を高める、腹痛や悪心・嘔吐を改善するなどが期待できます。

【利用法】

漢方では花椒や青椒を煎じて用いますが、日本では精製された果皮粉末を香辛料として使用するのが一般的です。若葉は木の芽あえなどに。

【注意点】

胃腸への刺激が強いので、胃に出血や潰瘍のある人は避けます。

あわせて読みたい

  • ゴマの効果・効用ゴマの効果・効用 【効果・効用】  不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸などの油分を筆頭に、たんばく質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。古くから肉食を禁じられた僧侶の栄養食に用いられたこ […]
  • 鯖の効果・効用  傷みやすい魚。生き腐れに注意!イワシやアジと並ぷ一般的な青魚。うまみが濃く脂がのり、特に旬のころには脂肪分が15%にも達する。ただ、小さいものは脂がのらず、また産卵期中と産卵後 […]
  • うなぎの効果・効用  夏の定番。パワ-不足にぴったり!ふっくらとして脂がのり、香ばしく焼き上がったウナギは、日本人の「ごちそう」として定着しているが、最近はスーパーに大量に並ぶなど、大衆化 […]
  • 大根の効果・効用 春の七草「すずしろ」は大根のこと。あまりにも古くから栽培されているため、起源や原産地などが定まっていない。また、アブラナ科の植物は変異しやすい上に気温変化への適応性もあり、これま […]

Comments are closed.

Top