グレープフルーツの効果・効用

シェアする



香りにダイエット効果!美容に嬉しいフルーツ

原産地は西インド諸島のバルバドス島で、ブンタンの自然雑種として発生したのが始まりとされている。種類は白肉種、紅肉種、淡紅肉種など、果肉の色や種子の有無で分けられる。日本に多く輸入されるものは、フロリダ州で突然変異によって生まれた『マーシュ・シードレス」で、風味がさわやかで果汁が多いのが特徴の白肉・種無し種である。日本では風土に合わないためほとんど生産されていないが、アメリカのフロリダ州やカ
リフォルニア州、イスラ工ル、南アフリカなどからの輸入品が1年中出回る。「スウィーティー」は果皮が緑色をしており、名前の通り甘味が強く、さわやかな香りが特徴の品種。

【効果・効用】

 果実がブドウのように鈴なりになることから命名された柑橘類です。
 果肉成分のほとんどは水分ですが、ビタミンCが多く、1個分で1日の必要摂取量が満たされます。
 美肌、ストレス解消、抗酸化作用などの効果が期待されます。

【利用法】

フルーツとして生食するほか、鮮肉を取り出してサラダにしたり、ジュースにして飲用したりします。

【選び方】

 購入の際は、実がしまり、大きさの割に重量のあるものを選びます。形がつぶれたもの、皮がかたいもの、皮が変色したものは、味や鮮度が落ちるので避けます。

【調理のコツ】

収穫後に 薬品が使用されているので、よく水洗いする。好みで砂糖やラム酒をかけても美味しい。果汁でドレッシングもおすすめ。

【保存のコツ】

冷暗所で保存。香りが強いのでポリ袋などに入れるとよい。カットしたらラップで包み冷蔵庫へ。カビが生えたものは箱から取り除く。

スポンサーリンク

シェアする