ざくろの効果・効用

シェアする



【効果・効用】

 カリウムやビタミンCのほか、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸が豊富に含まれており、疲労回復と美肌つくりに効果があります。
 また、女性ホルモンと同じ化学構造を持つエストロンやエストラジオールと呼ばれる植物性ホルモンを有しているところから、更年期障害の改善、骨粗鬆症、動脈硬化、白内障などの予防効果が期待されます。

 漢方では、ザクロの枝皮が「せきじゅう皮」として更年期の婦人病に用いられています。

【利用法】

 旬は9~10月ごろ。赤ピンクに完熱した種子の果肉をそのまま生食します。近年は健康増進と美容効果を期待したジュースやエキス類も市販され、人気になっています。

【注意点】

 植物性ホルモンが多く含まれるので、濃縮エキスなどの過剰摂取は避けたほうがよいでしよう。1個程度の生食は、ホルモンバランスを崩すことはなく、問題ありません。

スポンサーリンク

シェアする