じゃがいもの効果・効用

シェアする



見た目に似合わずビタミンCたっぷり!

馬鈴薯(ばれいしょ)とも呼ばれる。和洋を問わずさまざまな料理法に向く野菜で、サラダやコロッヶ、肉じゃがなど、定番の料理に も欠かせない。細切りにしたものを水にさらし、生のままサラダとして食べることもある。だんしゃくとメイクイーンが2大品種だが、最近はさまざまな品種が開発されている。主に、ほくほくした『粉質タイプ』と、水分が多くねっとりした『粘質タイプ』に分かれるので、料理や好みによって使いわけたい。主成分はでんぷん質。主食にもなり、世界中で食べられている。栄養価も高く、フランスでは「大地のリンゴ」と呼ばれる。

【効果・効用】

 熱に強いビタミンC、カリウムなどのミネラル類、食物繊維が豊富に含まれています。
 効能としては、便秘や下痢の改善、胃の潰瘍の改善、肥満防止、ストレスの予防、血圧降下などが期待できます。アルカリ食品なので・からだの酸性化予防にも貢献します。

 すりおろしたものには、鎮痙作用のあるアトロピンが含まれ・民間療法として潰瘍、また湿疹や軽いやけどの治療に用いられています。

【利用法】

 煮る、揚げる、妙める、蒸すと調理法は万能で、料理も多彩です。

【注意点】

 芽や皮の青紫の部分には、人体に有害なソラニンと呼ばれる物質が含まれています。
 大量に摂取すると、頭痛、下痢などの中毒症状を起こすので、必ず取り除いてください。

【調理のコツ】

丸ごとゆでた方がほくほく仕上がる。細かく切ってゆでると早いが水っぽくなりやすい。裏ごしは熱いうちにするとカンタン。

【保存のコツ】

日に当てると芽が出やすく、緑lこ変色して苦みが増すので、日の当たらないところに。りんごと一緒lこ置いておくと発芽しにくい。

スポンサーリンク

シェアする