ニラの効果・効用

シェアする



身体を温める野菜。βカロテンもたっぷり!

寒暖に強く全国的lこ栽培されているにら。代表的な生産地は、千葉、高知、栃木や福島などで、11月から3月が旬となる。やわらかく腐りやすいため、収穫は晴天時lこ行われ、すぐに出荷される。にらを使った料理で真っ先lこ思い浮かぷのがレバlこら妙め。にらに豊富に含まれるβカロテンは、油脂類や動物性たんぱくと一緒に食べると摂取効率が上がるといわれており、そのため、油やレバーとの相性は非常によいとされる。おひたしにすると独特のにおいは薄らぎ、においが苦手な人でも食べやすくなる。

【効果・効用】

 二ン二ンクと並ぶスタミナ食品の代表で、糖質、たんばく質、各種ビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれています。
 効用としては、強精・強壮作用をはじめ、血行促進、健胃、整腸、食欲増進、出血性疾患の改善、疲労回復、老化防止、生活習慣病予防などが期待できます。臭気のもととなっている硫化アリルには、心身を活性化させる作用が認められています。

【利用法】

 レバーと組み合わせたニラレバ炒めは、栄養バランス抜群。そのほか、おひたし、煮ものなどに。

【注意点】

 胃腸の悪い人が多食すると、下痢などを起こすおそれがあります。食べすぎないようにしてください。

【調理のコツ】

加熱するとにおいが和らぐが色が落ち風味も飛ぶのでさっと。炒め物は仕上がり直前に。

【保存のコツ】

濡れた新聞紙でくるんでラップで包み、葉先が折れないように野菜室へ。腐りやすいので、できるだけ早く食べてしまうこと。

スポンサーリンク

シェアする