パイナップルの効果・効用

シェアする



【効果・効用】

 糖質、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などが含まれています。
 効用としては、解熱、利尿、便秘改善、下痢改善、消化不良改善などが知られています。
 ただし、缶詰では、栄養、効能は期待できません。

【利用法】

 パイナップルに含まれるプロメリンという物資には、たんばく質を分解する働きがあります。
 フルーツとして食べるばかりでなく、消化促進のために、酢豚など肉料理にもどんどん使いたいもの。加熱しすぎるとプロメリンが壊れてしまうので、仕上げ前に用いるのがコツです。

【注意点】

 食べすぎると、下痢を起こすことがあります。注意してください。

【調理のコツ】

下の方が甘みが強いので、縦に切り分けると甘みが均等。国内産は収穫後3~5日が食べごろ。

【保存のコツ】

丸ごとのものはそのまま野菜室で一週間程度もちます。カットしたものは密封して冷蔵庫へ。

スポンサーリンク

シェアする