ピーナッツの効果・効用

シェアする



【効果・効用】

 不飽和脂肪酸を主とした脂質をはじめ、各種のビタミンやミネラルをバランスよく含む、栄養価の高い食品です。花が落ちて地中に実を結ぶことから「落花生」、また「南京豆」とも呼ばれます。

 効能としては、血行促進、消化・吸収促進、貧血改善などが知られ、高血圧、動脈硬化、糖尿病にもよいとされます。薄皮には、止血作用も認められています。

【利用法】

 そのまま食べるほか、炒めもの、フライの衣、ピーナッツ豆腐などに。

【注意点】

 脂質は酸化しやすく、またナッツ頬のカビには発がん性があるといわれます。古いものは食べないようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする