蓮根の効果・効用

シェアする



 

日本へはかなり昔に中国から伝来したとされているが、他の野菜のようには品種改良はあまりされておらず、生産されている品種も数種類だけである。産地として有名なのは、茨城県の霞ヶ浦周辺や愛知県の立田など。一年中出回るが、11月から3月が旬となる。おせち料理に多く使われるため、正月には需要が増えて価格も上がるが、この時期のものが最もおいしいとされている。大きく分けると日本れんこんと中国れんこんとに分けられるが、現在出回っているれんこんのほとんどは病気に強い後者である。主成分はでんぷんだがビタミンCと鉄分が比較的多い。

【効果・効用】

主成分は炭水化物で、そのほか食物繊維、ビタミンC、アスパラギン酸、カリウム、鉄、レシチン、タンニンなどが含まれています。
 効能としては、止血作用、貧血改善、鎮咳・去痰、健胃、整腸などが知られています。

 種子には強精強壮、虚弱体質改善、精神安定などの薬効作用があるとされ、漢方では「蓮子(れんし)」と呼び、生薬として用いています。

【利用法】

 酢漬け、煮もの、炒めもの、揚げものなどに。調理の際は、切るはしから水にさらし、変色を防ぎます。

【注意点】

 消化が悪いので、胃弱の人は控えるのが無難です。

【調理のコツ】

ゆでる時は少量の酢を入れると白く仕上がる。切ったれんこんは数滴の酢をたらした水にさらすと変色を防げる。

【保存のコツ】

濡れた新聞紙で包みポリ袋などに入れて冷蔵庫ヘ。切り口は空気lこ触れると変色しやすいため、ラップでしっかりと包む。

スポンサーリンク

シェアする