キクラゲの効果・効用

シェアする



【効果・効用】

 広葉樹の朽木や切り株に群生するキノコ頬で、カルシウム、鉄、繊維質、多糖質などが含まれています。
 朽木を栄養分として育つキクラゲは、木のもつ薬効を受け継ぐ特徴がありますが、一般的にはコレステロール値を下げて動脈硬化や高血圧を予防する作用が知られています。
 樹木によっては、婦人病の諸症状、止血、消炎鎮痛、滋養強壮、便秘などにも効能を発揮します。

【利用法】

 生と乾燥品があります。乾燥品は紙状に大きく広がった軽いものが良品とされます。生はさっと熱湯に通してから、乾燥品は水かぬるま湯に浸けてやわらかくもどしてからあえもの、炒めもの、煮もの、スープなどに利用します。

スポンサーリンク

シェアする