ねぎの効果・効用

ねぎの効果・効用

加熱するほどに甘味。風邪対策にも!ねぎを大きく分けると、葉を食用とする「葉ねぎ」と、業鞘を軟白化させてその部分を食べる「根深ねぎ」 とがある。葉ねぎは枝分かれが多くやわらかい食感が特徴で、主に関西で好まれて食べられている。それに対して関東で好まれる根深ねぎは枝分かれが少なく、緑色の葉の部分はかたいため、直接食べるより下味や中華だしの香昧野菜として使われる。また、内側のぬめりを取って刻むなどして味噌...

ごぼうの効果・効用

ごぼうの効果・効用

下ごしらえは香りを殺さないようにきんぴらや鍋物の具、味噌汁など、日本料理には欠かせない野菜。おいしく食べるには調理の際のアク抜きが重要なポイン卜となる。品種によって、花茎の長さは1~1.5m、根は40cm から1.5mにもなるため、収穫の際は掘るのが非常に大変。皮の部分lこ本来の風味があるので、選ぶ際は洗われたものや皮がむかれたものは避けたい。さらに、泥や土がついたものの場合、ついているのが粘土質...

玉ねぎの効果・効用

玉ねぎの効果・効用

辛い玉ねぎほど加熱すれば甘く!日本全国で栽培されているが、北海道が全国生産量の半分以上を占めている。地域によって栽培品種が異なり、収穫の時期が異なること、また貯蔵しながらの出荷が可能なことから、一年中出回る。カレーやシチューなどの煮込み料理をはじめ、ハンバーグやオムレツに加えたりブイヨンをとったりと洋食には欠かせない。ほどよい辛みを生かしてサラダや和え物にしてもおいしく食べられる。辛み成分の硫化ア...

じゃがいもの効果・効用

じゃがいもの効果・効用

見た目に似合わずビタミンCたっぷり!馬鈴薯(ばれいしょ)とも呼ばれる。和洋を問わずさまざまな料理法に向く野菜で、サラダやコロッヶ、肉じゃがなど、定番の料理に も欠かせない。細切りにしたものを水にさらし、生のままサラダとして食べることもある。だんしゃくとメイクイーンが2大品種だが、最近はさまざまな品種が開発されている。主に、ほくほくした『粉質タイプ』と、水分が多くねっとりした『粘質タイプ』に分かれる...

キャベツの効果・効用

キャベツの効果・効用

冬キャベツは加熱、春キャベツは生食向き古代イベリアのバスク人が栽培化したのが最初とされる。長い歴史の中で改良を重ね、これまでにたくさんの品種が生まれてきた。世界各国で食べられており、中でも日本人の消費量は世界有数。年聞を通して出回っているが、春キャベツの旬は3~5 月、冬キャベツは2月となる。焼いて、煮て、炒めて、漬けて、生でと、調理法が限定されないのも人気の秘訣。冬キャベツは肉厚なので、鍋の材料...

ニラの効果・効用

ニラの効果・効用

身体を温める野菜。βカロテンもたっぷり!寒暖に強く全国的lこ栽培されているにら。代表的な生産地は、千葉、高知、栃木や福島などで、11月から3月が旬となる。やわらかく腐りやすいため、収穫は晴天時lこ行われ、すぐに出荷される。にらを使った料理で真っ先lこ思い浮かぷのがレバlこら妙め。にらに豊富に含まれるβカロテンは、油脂類や動物性たんぱくと一緒に食べると摂取効率が上がるといわれており、そのため、油やレ...

ピーマンの効果・効用

ピーマンの効果・効用

美肌と脂肪代謝に、ピーマンの力!とうがらしを品種改良して大形にし、辛みをなくしたもの。天候に大きく左右される野菜なので、ビニールハウスなどの施設で栽培されていることが多く、季節を選ばず手に入る。主な生産地は茨城、宮崎、高知、千葉など。炒め物、煮物、揚げ物など、どんな調理法でもおいしく食べることができる。また、肉厚なので、加熱してもビタミンCが失われにくい特性を持っている。夏のピーマンには脂肪代謝や...

大根の効果・効用

大根の効果・効用

春の七草「すずしろ」は大根のこと。あまりにも古くから栽培されているため、起源や原産地などが定まっていない。また、アブラナ科の植物は変異しやすい上に気温変化への適応性もあり、これまでに非常に多くの品種が生まれている。日本はその数が最も多く、一説によると109品種にも及ぶとされているが、店頭でよく見かけるのは青首大根。一年中出回っているが、10月から3月の秋冬がもともとの旬。夏ものの大根は苦手みが強い...

NO IMAGE

キクラゲの効果・効用

【効果・効用】  広葉樹の朽木や切り株に群生するキノコ頬で、カルシウム、鉄、繊維質、多糖質などが含まれています。  朽木を栄養分として育つキクラゲは、木のもつ薬効を受け継ぐ特徴がありますが、一般的にはコレステロール値を下げて動脈硬化や高血圧を予防する作用が知られています。  樹木によっては、婦人病の諸症状、止血、消炎鎮痛、滋養強壮、便秘などにも効能を発揮します。 【利用法】  生と乾燥品がありま...

クレソンの効果・効用

クレソンの効果・効用

【効果・効用】  セリの一種で、「オランダガラシ」とも呼ばれます。  低カロリーですが、ビタミンA(カロテン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウムや鉄などのミネラルが豊富です。  脂質の消化促進、風邪の予防などの効果があり、生葉には口臭予防作用があることも知られています。 【利用法】 さわやかな香りと辛味が身上。生食のほか、バター炒め、てんぷら、ポタージュなどにも利用...

1 2 3 4 5